おはようございます。

不定期更新のパートのおばちゃんです

なんか、広報の方から「火曜日、ブログ更新してください~」と言われたので、張り切ってやろうと思います(`・ω・´)ノ


最近、世間は狭いな~と思ったことが多々あったのでご報告。

その1
 息子達の通ってる幼稚園のママ友が、会社のパートさんの義理の妹?だった。
 
 「ありそうで無い苗字なんよ~」ってママ友が言ってたのですが、よく考えたら会社におるじゃーんって思ってたんですが、パートさんから「○●小学校に甥っ子がおるよ」と聞いてピーンっときました!!

「もしかして●●くん?」

「ちょ・・・・なんで知っとるん?」的な感じで発覚。

地元で下手なコトはできませんな。


その2
 昨日、なにげなくFacebook見てたら、タイムラインに会社の女の子が載ってて、女子会したんだなーっていいねボタン押そうとしたら投稿者が会社の女の子じゃないし!!

なんと、私の友達と会社の女の子の友達が繋がってたみたい!

なんともいえない偶然具合(・。・;



あんまり友達いない私でもこんだけ偶然が重なるって、やっぱり世間は狭いんだなーと思いましたよ。



さて、わたくし、パートのおばちゃん。人より少しエクセルが得意なんです(ちょっと自慢)。

エクセルが得意と言うよりは、関数とかマクロとかが若干できる程度ですが。。。


というわけで、パートのおばちゃんによる、エクセル講座を開催したいと思います!!

( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

ほら!!みんな拍手してっ!!!!


今日のお題はエラーを表示させたくない!!です。


2


はい。
こちらです。
単純にVLOOKUP関数で、検索機能を表示したものです。

青い表の製品にVLOOKUP関数を入れて、コードを入力したら、オレンジの一覧から製品名を表示させるというもの。

F5のセルは「=VLOOKUP(E4,B4:C9,2,FALSE)」と入ってます。

コードを入力すると、製品名を取得し、表示します。

3


ただ、これ、コードが何も入ってないとき、関数エラーになるんですよ
4


#N/A

大嫌いだぁぁぁぁぁ(# ゚Д゚)


なので、これを表示しないようにしてみましょ。


やり方は簡単。

いつものやつです。

そう!!!


IF文


さっきのVLOOKUP関数にIF文を入れるだけ~ヾ(゚ω゚)ノ゛


ここでは、IF文とISERROR関数を使います。

文章であらわすと

VLOOK関数でエラーだったら何も表示しないで、検索みつかったらソレ表示してん

です。

=IF(ISERROR(VLOOKUP(E4,B4:C9,2,FALSE)),"",VLOOKUP(E4,B4:C9,2,FALSE))

5


これで#N/Aがでなくなりました!!

IF文は「条件が正しかったらこれ、違ってたらこれやるよー」って意味なので、

IF(条件,正しいとき,違うとき)にあてはめます。

ISERRORはエラーがあるかないかを判断してますので、これを組み合わせると、

①ISERRORの中にVLOOK関数を入れて、エラーが出るかどうか見てもらう。

②-1 エラーがあったら、空白【""】を表示する。
②-2 エラーがなかったらVLOOKUP関数から出された値を表示する

という意味です。


どうですかね??
わかりやすいですかね???


#N/Aばっかりの資料より、スッキリ整理された資料をたくさんつくりましょ~ヽ(゚∀゚)ノ うぇ───ぃ♪




えーーーーーーーーっと!!!!


好評だったら次回も検討します。



検討だよ???検討だからね?????




最後に、なにも写真がないと寂しい記事になるので、紅葉の季節写真。



BlogPaint




落ち葉ばいっぱい落ちててバイクでツーリングする人は大変だろうなーと思いました。

廿日市のスパ羅漢にて。